葉酸は妊娠中いつまで取り続ければいいの?

葉酸は、水溶性ビタミンに分類される栄養素であり、特に女性が摂取しておくと良いと言われています。
その理由は、葉酸の不足によるDNA生合成がしにくいという状況が起こり、障害として赤血球障害や悪性貧血などの症状が生じてくるからです。
葉酸を摂取するには、酸化しない調理法で新鮮なレバーや緑黄色野菜や果物を食べるのが有効です。
近年では、健康食品メーカーや医薬品メーカーから葉酸を摂取しやすいように、葉酸サプリメントを発売しており、女性は葉酸サプリメントを活用する事によって、たくさんのレバーや緑黄色野菜などを摂取出来なくても、補完する事が出来ます。
この葉酸をいつまで摂取すれば良いのかと疑問に生じている人々は多いです。
妊娠前に葉酸を摂取する量としては、240マイクログラムで構いませんが、妊娠初期では400マイクログラム、妊娠中期では480マイクログラムを摂取する必要があります。
これは、胎児に葉酸を確実に摂取出来るようにする為に必要な量であり、不足しますと、胎児の成長に悪影響を与え、最悪の場合には無脳症で流産してしまう事があるからです。
妊娠中は、初期が特に大切な時期ですので、集中的に取りつつ、その時期を過ぎても、母体と胎児が葉酸を摂取出来る量を毎日摂りこんでいかなければいけません。